非正規雇用が今後正社員になれる確率は低いから対策を考えた

こんにちは。私はリーマンショックの2年前から派遣社員をやってます。
リーマンショックが起こる直前に正社員雇用の話が出ましたが、
リーマンショックのおかげでその話は頓挫しました。

その後も自分で最終的に選んで派遣社員をやっていますが、時給はよくても上がることはなく
交通費が出ないのに週に5〜6日出勤し、時には外出・出張に行き、
正社員と同じ仕事をしていますが、同一賃金・同一労働なんて夢の話ということを実感しています。

2018年問題が騒がれていますが、同条件のまま派遣会社と改めて契約をし
今までの会社に出向させるという手をとるか、完全に契約終了が多いみたいです


自分で選択したとは言えこのままでは老後まで低賃金で貯金もできずに生活を
送ることが目に見えているため、働けるうちになんとかお金を作る方法を模索しております。

とはいえ貯金もないし、リスクをとるのは怖いと思っていたところで、
積立NISAや仮想通貨での積立などがあることを知りました。

いろんな投資があるのになんで仮想通貨?

株やFXは素人が何も勉強をせずに手を出すことは大変危険だと思っていますし、
何しろ、手元に資金が全くないので出来ませんでした。

各メガバンクはやっている積立NISAは少額から始められ、
リスクも比較的低い投資対象を選んでおり
派手な高騰などはないですが、暴落も少ない、
かついつでも止めることができます。
5〜10年20年と続けられそうだなと考えております。

ある取引所で仮想通貨で積立をやっており、1000円から始めらるものがありました。

知人が2017年の夏にビットコインを進めてきた時がありました。
その当時は1ビットコインが12万で、1単位で購入するものと思い込みがあった私は
手が出せないと断ったのです。
しかし、実はそんなことはないと後で知るのですが、
年末に100万を突破した時には
1万円分でも購入しておけばよかったな〜と後悔しました。

ということで、積立NISAも視野に入れつつ、
仮想通貨で積立も少額からできるということで
はじめてみることを決めました。

仮想通貨ってなんだろう

仮想通貨は他に暗号通貨・デジタル通貨などと呼ばれていますが、一体何でしょう?

仮想通貨とはその名の通り、実物のない通貨です。
デジタル通貨とも呼ばれているように、デジタル上でやりとりができ送金スピードが早く
手数料もとても安いのです。

ちなみに、日本円のような通貨は法定通貨と呼ばれ、国が管理・発行しています。

仮想通貨はどこかの国で発行しているわけではありません。
中央銀行のような機関が管理しているわけでもありません。

仮想通貨はデジタル情報でインターネットがつながっている環境で国境を越えて素早く送金することができます。


仮想通貨でお金持ちになった人・破産しそうな人

仮想通貨を購入するには

仮想通貨の販売所・取引所

代表的な日本の販売所や取引所を紹介します。
まずはZAIFです。
ホリエモンがMXテレビで紹介してるのを観て知ったのですが、
1000円からできる仮想通貨での積立もありお勧めです。

ZAIF



初期のころから売れっ子女優起用のCMを流してます。海外にも進出してる取引所です!
ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で



仮想通貨販売所や取引所の登録(新規アカウント開設)する

実際にビットコインを購入する

ZAIFの積立が良いらしい!

ビットフライヤーでビットコインがもらえる

アルトコインとは